Home > JR浜松駅コインロッカー最新情報!荷物を預けて手ぶら観光しよう!

ブログ

JR浜松駅コインロッカー最新情報!荷物を預けて手ぶら観光しよう!

JR浜松駅コインロッカー最新情報!荷物を預けて手ぶら観光しよう!

JRの浜松駅は東海道新幹線と在来線の東海道本線が乗り入れる浜松市の中心駅であり、新幹線・在来線間の乗換駅としても機能しているとっても便利な駅です。そして浜松は楽器と餃子と鰻の街で駅周辺は常に活気の溢れる街でもあります。

そんな浜松駅のコインロッカー情報をまとめてみたのですが、今回は始めに、コインロッカー以外の荷物預けサービスについてご紹介させて頂きます。

コインロッカーはどの駅でも提供されているので比較的よく目にすることができますね。しかし、デメリットとしてはコインロッカーは事前予約ができないということ。

当日の当日になってロッカーの空きがなくて「こんなはずじゃなかった…」と、ならないようにしたいものです。

荷物を持ったままの旅行・観光は、
大きい、重い、多数の荷物を持ち歩くのは大変
荷物を持ったままで入れない場所、出来ないことも
一時的にどこかに置いて目を離すと、盗難が心配
・コインロッカーが見つからない、空いていない
・ホテルは遠い、まだチェックインの時間にならない

など色々と不便なものです。

そんな時は、あらかじめ荷物預け予約をTebura済ませておけば安心です◎

その中の荷物預かり店舗として、 JR浜松駅から徒歩2分の場所にあるThe GATE HAMAMATSU内のiN HAMAMATSU.COM は、浜松駅や新浜松駅からもアクセスがしやすいので、もしもの際には是非ともご連絡ください!

また、ビーチ・マリンスポーツ&アクティビティを実物のギアやダイナミックな動画など、ワクワクするコンテンツが盛りだくさん!その他、全国唯一の「家康くん、直虎ちゃんオフィシャルショップ」や「レンタサイクルステーション」、「外国人旅行客専用案内デスク」、ご当地グルメ浜松餃子などの軽食を味わえるカフェもおすすめです。

では、以下からは浜松駅のコインロッカー情報のまとめとなります。動画も撮影したので是非とも参考にしてみてくださいね!

静岡浜松駅コインロッカー地上 詳細動画

静岡浜松駅コインロッカー地下1

静岡浜松駅コインロッカー地下2

浜松駅には3か所のコインロッカーが

 

JR浜松駅は主に中央改札口(隣は新幹線改札)となります。小さめのメイワン口(7:40~21:15)がありますが、主要改札は1つとなります。


浜松駅で荷物を預けたいとお考えの方は、浜松駅周辺で用事があるのではないでしょうか。

そのような方は浜松駅の主に3ヶ所設置されているコインロッカーに荷物を預けることで移動がずっと楽でスムーズになるはずです。

浜松駅のコインロッカーについて

浜松駅のコインロッカーは駅構内地上1ヶ所、地下に2ヶ所設置されてます。

その為に、コインロッカー使用可能時間も始発から終電で、地上6:00~25:00(夜12時を過ぎると料金加算) 、地下1ヶ所目6:30~23:00、地下2ヶ所目5:00~24:00となっています。

 

支払いは、現金のみの対応となります。

次の章では、早速コインロッカーが設置されている場所を詳しくご紹介します!

1、「北口出口」方面地上

JR改札を出て右の北口出口に向かって進むとすぐ見えてきます。

コインロッカーのサイズは小300円(サイズ約縦30cm,横34cm,奥行き50cm)・中500円(サイズ約縦51cm,横34cm,奥行き50cm)・大600円(サイズ約縦80cm,横34cm,奥行き53cm)となっていて、中、大だとキャリーケースも収容可能です。埋まっていく順番としては、確認した日が土日かつイベント(がんこ祭り)が重なっていたこともあると思いますが、大→中→小の順番で埋まっていきます。

両替機も併設されています。

5,000円札や10,000円札の大きいお札は地上駅構内にある近くのキオスクで両替可能です。

以上が浜松駅構内地上にあるコインロッカーのご紹介となります。地上出口をそのまま出ると、タクシー乗り場があります。

次章は地下のコインロッカーのご紹介をします。

2、「北口出口」方面地下1ヶ所目

ここからは地下にあるコインロッカーをご紹介させて頂きます。

道順は最初地上と同じで、JR改札口を出ますと右に進みます。

すると、構内に地下へ続く階段があります。

階段を降りるとすぐに地下1ヶ所目のコインロッカーが見えます。

サイズは地上と同じで、小300円(サイズ約縦30cm,横34cm,奥行き50cm)・中500円(サイズ約縦51cm,横34cm,奥行き50cm)・大600円(サイズ約縦80cm,横34cm,奥行き53cm)となっていて、日曜日朝9時の段階で空いているのは大1~2つ、中5~6、小は多数空きがありました。

こちらも24時で料金が加算されます。両替機も併設されています。

以上が、地下1ヶ所目のコインロッカーとなります。

2、「北口出口」方面地下2ヶ所目

最後に地下のコインロッカー2ヶ所目をご紹介させて頂きます。

こちらの道順は地上出口を出て地下に降りていく行き方となります。バス乗り場にも繋がってます。

エスカレーター(または階段)を降りて、A地下道を右に進みます。(写真に見えているエスカレーターを登るとバス乗り場に出ます。)

まっすぐ進むと円状の広場が見えてきます。

左方向に進みます。自動販売機やベビーカーの貸し出し所、お手洗い、パンフレットコーナーがあります。

もう少し道なりに進むとC出口の脇にコインロッカーが見えてきます。

コインロッカーのサイズは600円(100円玉専用×6枚)サイズ約縦83cm,横53cm,奥行き60cm、500円※(100円玉専用×5枚と500円玉専用×1枚があります)サイズ約縦53cm,横53cm,奥行き53cm となっていて、こちらは9時30分頃に見ましたが空きはまだ多数ある状態でした。

使用時間は、5:00~24:00の当日限りとなります。シャッターが閉まるのでお気をつけください。こちらには両替機が併設されていないので、その場にある自動販売機で飲み物を購入してお金を崩すか、先程ご紹介した地下コインロッカー1ヶ所目で両替する、もしくは遠州鉄道さんの食品売り場で両替をしてもらえるそうです。

以上が浜松駅地下2ヶ所目のコインロッカーのご紹介となり、浜松駅は地上1ヶ所、地下2ヶ所の計3ヶ所設置されています。

※もしもコインロッカーの空きがなくても大丈夫!

冒頭でもお話させて頂きましたが、コインロッカーはどの駅でも提供されているので比較的よく目にすることができますね。しかし、デメリットとしてはコインロッカーは事前予約ができないということ。

当日の当日になってロッカーの空きがなくて「こんなはずじゃなかった…」と、ならないようにしたいものです。

荷物を持ったままの旅行・観光は、
大きい、重い、多数の荷物を持ち歩くのは大変
荷物を持ったままで入れない場所、出来ないことも
一時的にどこかに置いて目を離すと、盗難が心配
・コインロッカーが見つからない、空いていない
・ホテルは遠い、まだチェックインの時間にならない

など色々と不便なものです。

そんな時は、あらかじめ荷物預け予約をTebura済ませておけば安心です◎

JR浜松駅から徒歩2分の場所にあるThe GATE HAMAMATSU内のiN HAMAMATSU.COM は、浜松駅や新浜松駅からもアクセスがしやすいので、もしもの際には是非ともご連絡ください!

ご利用は、下記のステップのみ。
1.荷物預かり場所を予約する。
2.荷物預かり場所に行って荷物を預ける
3.手ぶらで観光を楽しむ
4.荷物預かり場所に行って荷物を受け取る

みなさんの荷物預けの不安を少しでも解消できればうれしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です